七草の節句といえば、『七草粥』!
お正月のご馳走に疲れた胃腸をいたわり、青菜の不足しがちな冬場の栄養補給をする効用もあり、
この日に七草粥を食べることで、新年の無病息災を願う日として定着しています。
七草は下記の内容となります☟

覚え方は、
『せり、なずな ・ ごぎょう、はこべら ・ ほとけのざ ・ すずな、すずしろ ・ 春の七草!!』
と唱えて覚えると覚えやすいです!!

それぞれの役割はこんなかんじ☟
・芹(せり) → 食欲が増進
・薺(なずな) → 糖質の代謝を助ける
・御形(ごぎょう) → 風邪予防や解熱に効果有
・繁縷(はこべら) → 眼精疲労回復効果
・仏の座(ほとけのざ) → 腸の掃除
・菘(すずな) → カブのこと!ビタミン豊富
・蘿蔔(すずしろ) → 大根のこと!消化促進

今年はまだまだコロナが蔓延しているので、
食べ物での予防として頂きたいところです。
身体は食べた物で出来ているので、
その栄養をしっかり吸収出来る様、
骨盤を整えておくことも必要ですね!!

本来は1月7日の「人日」の日に行われる「人日の節句」の行事で、五節句のひとつなんですって。
(五節句……江戸幕府が定めた式日で、1月7日の人日、3月3日の上巳、5月5日の端午、7月7日の七夕、9月9日の重陽)

皆さんは七草粥を食べますか?
私は結婚してから食べる様になりました。
七草粥のセットが最近では売っているので、
作りやすいですね!

我が家は毎年子供達が嫌がっていますが、
少しだけ食べてもらってます。
なので、今年は少し頭を使いカニ鍋風にします。
お正月に使ったカニをわざと少し残しました(笑)
下の娘はカニ鍋が大好きで雑炊までいけるので、
攻略できそうかな?
上の子は毎年の様に少しだけになりそうです(^^;

体質改善・肌改善・ダイエットをする際、
避けて通れないのが食事と骨盤を整える事です!!
身体を作っているのは食べ物。
その食べ物を身体に取り入れるのは腸。
腸がある場所は骨盤の中!!
腸は骨盤で守られているので、
骨盤が歪んでいると正常に機能しません。
便が全て身体から出て行かないと腐ったものがずっと身体にあることになります。
そうすると欲しいものを吸収できないので、
骨盤をしっかり整えて、身体が嬉しい食べ物をしっかり食べてくださいね!!